2018年02月01日

物足りない国?

最近は中国人の富裕層は、日本が物足りないと感じているそうです。

消費額はケタ違いに多いし、1人の体験から広く富裕層に口コミが広まって、
効率的に日本のイメージアップと経済的利益をもたらすとされていたってのに。。

政府の中長期の観光政策に関する構想
「明日の日本を支える観光ビジョン」
は、次のターゲットを欧米などの富裕層と定めているんですって。

では、中国富裕層はどうなっていくのか。

インバウンド関係者の間には、
中国富裕層は、欧米富裕層を勝手に追随する消費行動を取るので、
需要を取り込むための特段の対応は必要ないという意見もあるらしい。

そうかなーー・・・。

あるいは、中国富裕層といえばマナーが悪い中高年層のイメージが根強いから、
あまりアプローチしたくない、というような話も聞きますね、
これは事実だと思う・・・笑

あ、、、笑えない??

とにかく、富裕層とはいえマナーの悪さは隠しきれないってことか。。

日本が物足りないって、、、買い物だけでは足りなくなっていろいろやっているようですが、
それでも足りなくなっているってこと?
それは贅沢でしょう。

2018年01月01日

信用ってなんだろう

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

さて、今日は「信用」について。
信用っていったいどういうことなんだろう?
信用してはいけない人ってそどういう人だろう。
信用できないって??など。いろいろ考えてしまった。

約束を守らない、時間に遅れる、
お金を借りて返さないなどなどルーズな人というのは信用できないですよね。
そういった人と深い付き合いをするとわかりますが、こちらが振り回される形になります。

約束をすっぽかされたり、ドタキャンや遅刻などで予定は狂います。
なにか頼みごとをした場合も期日通りに約束が果たされない可能性が高いです。

大事な人との約束は守ろうとするものですが、
守られないというのはその人との関係性が表れていると言っても間違いではないでしょう。

なんだかさ、、、
人を信用できない、その自分が嫌になることってないですか?
あるんですよね・・・嫌なもんですよ、出来れば信用していきたい、
自分も信用してもらえる人間になりたい。
もちろん、人を裏切ったりしません、信用してほしいし、
なにより人を信用したいなーー。

2017年12月01日

そんな簡単にいうなーー。

知り合いの職場では、簡単に職員が休みをとるとかで、
その知り合いは困っていました。
わりとたいしたことない理由で休んでるみたいです。

体調が悪かろうと、仕事へと向かってしまう人の特徴です。
ひとつは金銭的なストレスを抱えている人、もしくは慢性的な持病を抱えている人、
そして自分の仕事を他人に任せたり、割り振ることができない人。

こうした意識があると、なかなか自分の仕事から離れるという考えには至れないんだそうです。
そりゃそうですよねー。

仕事に対する積極的な態度をもっている反面、
部下や同僚、組織のサポートを得られる良好な関係性が築けていなければ、
結局は自分が休まずにやる他ないと無理をしてしまうことになる、

無理して身体を壊してはいけないけど、
私もこっちのタイプだな。

病気になっては本も子もないので、ある程度は体調管理しながら、
でも簡単には仕事は休まないぞ、とね。
こんな心意気でいないとダメですよねーー?
皆、甘いんだよ。

腹が痛いから会社休みます、とか、
簡単にいうなーーーー!

2017年11月01日

貴様

「貴様」っていうのは実は丁寧な言葉なんだってのはすごく以前に聞いたことはあったのですが、
とはいっても誰かに対して使う事はないですよね。

日常会話では滅多に使わない言葉というか、相手に使うとだいぶ失礼、
というかケンカを売ってしまう感じの二人称「貴様」。

今では日本語をよく分かってなかった学生が就職の面接の際に、
何でも「貴」をつければいいと思っていたのか、
面接官に向かって「貴様」と言ってしまった強者もいたそうです。

漫画などから日本語を覚えた外国人は、「貴様」と覚えてしまって、
日本人に、「きさま、どこ行きますか?」とか使うって何かで読んで笑った。
悪い言葉って認識がなかったらありですね。

貴様、の意味って:
1:男性が、親しい対等の者または目下の者に対して用いる。
また、相手をののしる場合にも用いる。おまえ。「貴様とおれ」「貴様の顔なんか二度と見たくない」

2:目上の相手に対して、尊敬の気持ちを含めて用いた語。貴殿。あなたさま。

と、辞書にはありました。。

、、、、よく分からない。
辞書って分からないよね(?)。
とにかく、この言葉って面白いってことがわかりました。

2017年10月01日

遺伝

親が太っていると子供も太りやすい、または太っている、って
よくありがcぎですが、実はこれって生活遺伝。
遺伝子の影響もあるけどね。

太るのは遺伝よりも、圧倒的に食生活(環境)の影響が大きいと考えられます。
たしかに、血縁のある家族なら遺伝的にも体質が似ていますけど。

両親や兄弟姉妹が太っていると、つい遺伝の可能性を考えたくなるものです。
でも、夫婦、つまり父親と母親との間では血縁関係はありません。
当然、両親の体質はまったく違ってきます。

カロリーオーバーを続けていれば、やせ体質の人でも、
おのずと体重は増えてしまいます。
太るのは遺伝ではなく家族で太るような食生活をしていることが原因なのだ。

ところで、あなたの周りに、スリムな人と太っている人が交じっている家族がいませんか。
姉はスリムなのに妹は太り気味、妻は細身なのに夫はお腹がポッコリという家族です。
こっちはちょっと不思議ではあるけど、
でもこれにも理由はあるらしい。
次回はこれについてもまた書いてみたいと思う、うん。

2017年09月01日

ほっぺた

ほっぺたに毛穴が目立つようになりました。
困ったものだーー。

頬の毛穴が目立つ主な原因は、ずばり“お肌のたるみ”。

鏡でよく見ると、たるみによって広がった毛穴はしずくのような形をしています。
本来、毛穴は丸い形をしていますが、お肌がハリを失うと、
重力(!)に逆らえずにこのような形になってしまうんですー。

重量・・・・って・・・汗

たるみ以外にも、お肌が乾燥し、水分が不足していることも頬の毛穴を広げる原因になります。
お肌がうるおいを失うと、キメが乱れて毛穴が目立つようになってしまいますね。

乾燥が原因で頬の毛穴が広がっている場合は、保湿をしっかり行うことで毛穴がかなり目立たなくなるはずです。

まずはこれ以上開かないように対策を打ちましょう。
第一の原因は毛穴周辺にたまった汚れなので、
汚れが溜まらないようにします。

化粧をしたまま眠るのは言語道断です。
しっかりと、でもやさしくメークを落とします。

さらに、できれば毎晩半身浴をして汗をかきましょう。
毛穴から汗が流れていくことで、余分な汚れや皮脂も一緒に出ていきます。

って、分かってはいますが、どうして自分のほっぺたはダメなのだーー。

エステに行こうかなーーー。。。金ないけど。。

2017年08月01日

嫌われるサイト?

なにかでヒットしたウェブサイトを一瞬みても、
すぐに閉じてしまうことってありますね?
嫌われるサイトです(!)。

これをなくすためにダイレクトに言葉で表現したり、
判り易い色のボタンやバナーを用意したりするなどの配慮が大切です。
クリック率や離脱率などの数値に影響しますよね。
嫌われるサイトを作らないようにしたいものだなって思っています。

パソコンでは、マウスのカーソルを動かしてリンク箇所を確認することができますが、
スマホではそれができませんね。
スマホユーザーは、リンク箇所だと思ったエリアを直接指でタップするわけです。

その際、指でタップする前に、
リンク箇所がどこだろう?と迷ってしまったり、
いくら指でタップしてもリンク先に到達しないという事態になる可能性も。

ユーザーが一目でリンク箇所を判別できるデザインであれば、
このような事態を回避できますからね、こうしたほうがいいですね。

嫌われるサイト、とはいっても、ある人にはめちゃくちゃ食いつきのいいものもある、、、
アダルトなんかそうかも?

それはいいとして、せっかく開いたサイトなら、興味のあるキーワードで入ってるのだから、少しでもなにか読んでもらえるようにしたいですねー。
って、自分に言ってます。
サイト構築って複雑ですねー。はぁ。。

2017年07月01日

ブログって?

ブログを書いてない人、読んでもいない人、いろいろいますが、
ブログって??って人のために。
ブログって、結局は自分が思ってることを率直に書いてる人、
なにか情報を発信してる人、ブログでアフィリエイトしてる人、それそれなのですが、
ようするに何かを「書く」という事をしなくてはいけない。
これが苦手だって人がいますが、苦手で出来ない、って人はもう厳しいかもですね。

ただ、書いてる間に慣れてきます!
これだけはいえます!
慣れるまでが大変ですけどね(汗)、でも、続けることですね!
それなくしては出来ません。

ブログっていうのは、読まないと書くことが出来ないかなってことも言えると思います。
読む事ですね、少しは。
時間がなくて読まない、読めない人もいますが(自分)、読む事ですな。

どこのブログサービスを選ぶかは個人の考えなのでここでは名言を避けますね。

ということで、ブログというのは書くのは簡単、でも続けるのはあまり簡単ではないかなって思ってます。
粘り強く頑張るのみ!

2017年06月01日

同じベッドで寝る夫婦

欧米では信じられないことなのですが、夫婦で同じベッドで寝るのはよくないとかっていう記事がありまして。

睡眠中にも関わらず、酸素を補うために心拍数や血圧を上げて運動しているのと同じ状態に。睡眠の質が悪いと、生活習慣病などさまざまな不調に繋がります。
いびきをかくひとは横向きに寝ることで舌根沈下を防ぎ、
いびきを軽減できます。

さらに、パートナーのいびきや寝息も眠りの妨げとなる、
女性も音は小さいものの、更年期を迎えるといびきをかくことが多くなる。

相手の寝息や体感温度の違いからもストレスを感じてしまうため、
夫婦の寝室は別々がベストだ、というものです。
うわぁ!

欧米でこんなこと言ったら袋叩きですねー。

欧米では夫婦が別々で寝るのは離婚寸前。
または離婚の原因、、、というか、離婚訴訟になります。
同じベッドで寝るもの、という文化が根強い。
面白いですねー、日本では別々がいいとか、
子供と川の字で寝るとかね、普通ですもんね。

どうするのがいいかは、その夫婦で話し合ってくださーい。

2017年05月01日

お湯を飲む

ほかの、味の付いたものを飲むよりもお湯、すなわちお白湯を飲め、ってよくいいますね。
私もお白湯は飲みますが、これが美味しいと思えるようになるまでにはずいぶんと時間がかかりました。
コーヒーやお茶など、どんどん飲んでいましたが、歯が黄色くなるな、って思ったのが最初のきっかけで、お湯を飲むようになりました。

そのうちこれが身体にいいのだという情報があり、それならなおさらだ、と飲み続けることになったのです。

美味しいと、毎回感じるわけではないのですが、でも飲めるまでになりました。
お水よりも飲めます。夏でもね。

お湯を飲み始めてなにが変わったか、は実は分からないのですが、身体にいいものなら、と続けています。
歯は黄色いままで、白くなるわけではなないのですが、でも今以上に黄色くなることも少なくなった、と考えたらいいかなって。

まわりにもお湯を飲む人はいますが、なにか変わったのかな?
今度聞いてみますね。

身体にいいのかな???・・・・・実はなにも効果はないのかも?
でも、
飲みます(笑)。